2007年10月30日

美しい京都??

昨日 「六角ホルモン」の屋外広告に関して 市役所の 都市計画都市景観部市街地景観課に 伺った。


用件は「六角ホルモン」の看板が道路にはみ出しているので 基準内に治し 許可申請を出して欲しいとの事。

一方的に上記の内容の通知が送られてきた為 「はい そうですか」とはならず 理由を説明して欲しく 伺った。


到着すると 奥の囲いのある場所へと案内され 定年を過ぎているだろう 初老の方と 50代の男性の方が 私に応対された。



素直に「何故なのか?」の理由を求めると・・・・


「実は31年前から その地域の景観条例がありまして・・・・
 未来に美しい京都の町並みを残す運動の一環でして・・・・
 昨年の市議会で 条例を徹底するようにと 決まりまて・・・・」


その だらだらした説明と 一方的な決議案に 怒りの火が点きました。


「31年前って!!  私の所は 去年お借りしたばかり! 看板にいたっては 前店舗の看板を張り替えただけ!!」と抗議。

「いや〜 そう言われましても・・・・  私たちも 決定された事を お伝えし 指導してるだけですので・・・・」とだらだら。


「ほんなら 逆にお聞きしたい 未来に残す美しい京都”の定義はなんですか?」 


六角通りは 老舗と新店舗が融合され 珍しく風俗店も無く 「飲食通り」として 認識されてる道路。
老舗の看板も これ見よがし”に大きく 道路の演出に一役買っいてる。 あの辺では 中々 活気のある道。



お役所の京都らしい”って なんですか?



それについての 説明は一切無い!


理不尽極まりない!


指導に従わなければ 是正勧告が送られる。 内容は 条例に従い 営業停止の措置もありうる。


脅しです。


京都らしい町並み” 独特の京町家”が立ち並び 石畳の上を歩く。
舞妓はんが 歩き 外国の観光客が シャッターを押す。
夜は 雰囲気のいい 料亭で食事をし 京料理に舌鼓。


お役所は 京都全体をそうしたいんですかね??


「六角ホルモン」は木屋町という所にあり 若者が集まる町。

時には 泥酔した若者が道路を汚す事もある町。
時には 血気盛んな若者が 喧嘩もする町。
時には 社会デビューを果たした 若者がお酒の恐さを憶える町。
時には 祇園で遊ぶ前に練習台として 若者が練習する町。
時には 30年も通い続ける 常連さんに昔話を聞ける町。


それで いいやん!!

それが 木屋町”の歴史ある風情やん! 文化やん!

そういう 町があるから 祇園や先斗町などが 映えるんやん!!



なんで 今更 変える必要があるん???



何でもかんでも 市議会で決まった事が 正しいんですか?


そこで 商売してる 我々に意見を求めたんですか?

そこで 歩いてる方に アンケートでもとったんですか?

それで 守らなければ 営業停止ってどういう事!!

治すのも お金が掛かる事は 御存知ですか??



あえて 言わしてもらいますが 行政の我がまま”通す事に 意地になってませんか?

上に言われるまま 人生過ごしてませんか??



こっちは 本気で 商売してる事を 忘れないで下さい!!

しっかり 税金も払ってますよ!!

それによる社会貢献もしてますよ!!




最近 何でもかんでも 規制が掛かる世の中。

悪い事に対する 規制は大いに結構。


ただ 理不尽な規制は ストレスが溜まります。


世間では 理解し難い犯罪も起きてる 昨今!

目に見えない ストレスが犯罪を助長してるんじゃ無いんでしょうか!



話は 飛躍しましたが、 何のため、誰のためを ハッキリした上で一般市民に指導して欲しいもんです。


己の我”を通す為だけの 行政! 利害関係や感覚で決定される案件!


まっぴら 御免!!


行政も 本気”で理に適った 街づくりを目指すのなら 協力は惜しみません。


何故なら 私たちも いい町”と言われたい!

そんな いい町”で商売をしてる事に 誇りを持ちたいし 自慢したい!

そこに お客様の笑顔があれば・・・
そこに イキイキとした顔で働く人がいれば・・・


最高じゃないですか!!


 


若造が偉そうな事を書いて 申し訳ないとは 思いますが 一市民の声として お読み下さい。




最後に・・・



せこいようですが 無料の駐車場ぐらいは 用意したほうが 市民が喜ぶのでは・・・・
ガレージを探すのに 困ったもんで・・・・






感謝!






国本 忠義
posted by masuichi at 14:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お気持ちよく分ります。
高さ規制、景観法で京都の地価は下落中です。
無理矢理、町並みは残っても、経済が停滞。
京都は日本の故郷であり続けるのは、分りますが、行政は段階的指導をしないと、人々の首を絞めます。
昨日まではOKで、今日から景観を乱す犯罪者扱い。従わないと営業停止。
見直すの京都市、府の職員が先です。
職員の不祥事の故郷になりつつあります。
昨今の食品偽装問題など、モラルが問われています。
Posted by ぱんちゃん at 2007年10月31日 17:33
ホルモン臭い
Posted by at 2013年07月23日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63431883

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。